【風俗の面接】でやってはいけない服装3選とは?

【風俗の面接】でやってはいけない服装3選とは?

風俗の面接にどんな服装で臨むか悩んでいませんか?

結論を言うと、「女性らしい可愛い服装」がおすすめです!具体的には「ブラウス・ワンピース・スカート」のようなアイテムですねー。風俗嬢は個人事業主なので、バイトの面接と同じ服装で基本OK!しかし、不採用にならないために注意したいポイントがいくつかあります。

今回は風俗の面接でやってはいけない服装をお届けします。「服装はどうすればいいんだろう…」と悩んでいた女性はぜひ参考にしてみてください。最後に夏や冬など季節に合わせたおすすめなコーディネートも紹介しますね!

1.パンツスタイル

風俗の面接でやってはいけない服装の共通点は「男性でもできる服装」です。ワイドパンツやスキニーパンツは男女ともに人気なアイテムですよね。風俗は女性の魅力を売る仕事なので、面接の服装では「女性らしさ」が求められています。

ワンピースやスカートのような服装が風俗の面接ではおすすめです。「どうしても…」という女性にはショートパンツ(ホットパンツ)を着ていきましょう。冬の寒い日はストッキングを着用してください。途中で伝染しても良いように替えを忘れずに!

2.レギンス・トレンカ

実は、「レギンス(トレンカ)が理解できない…」という男性が結構居るらしいです。「黒色は良いけど奇抜で派手な色はあんまり…」という意見もあります。風俗の面接で不採用になりたくないなら、素足かストッキングで必ず臨みましょう!

大手風俗グループの面接は「応接室」のような場所で行いますが、事務所しかないデリヘル(デリバリーヘルス)では靴を脱ぐ機会があるかもしれません。そのとき、「レギンス+靴下」「トレンカ+靴下」の姿が見られたら、ちょっと恥ずかしいですよね。

3.サンダル・スニーカー

靴を脱がなくても靴を見られる機会は何度でもあります。風俗の面接の靴でサンダルやスニーカーは避けましょう。「えっ!スニーカーも?」と思うかもしれませんが、スニーカーはカジュアル寄りのアイテムです。面接官のウケは悪いみたいです。

おすすめな靴は「パンプス・ヒール」。風俗の面接ではヒールが許容されることが多いですが、ピンヒールや厚底などのやりすぎには注意しましょう。靴の色も黒や白のような無難なカラーが1番。赤などの原色カラーはやめておきましょう。